COOL ART STUDIO
ギャラリー
  ヨーロピアンクラシック
ヨーロピアンクラシック
  アメリカンカジュアル
アメリカンカジュアル
  デコレイティブパターン
デコラティブパターン
  ジャパニーズノスタルジック
ジャパニーズノスタルジック
  ナチュラルモダン
ナチュラルモダン
 
クールアート ウィズ コンランフレーム
ショッピングチップス
  COOL ART CATALOG
  キーワードで選ぶ
  生活シーンで選ぶ
  主題で選ぶ
  よくあるQ&A
  コラム
インフォメーション
  COOL-ARTとは
  デジタルリトグラフについて
  アーティスト・プロファイル
  ギャラリー・トーク
  おすすめリンク集
  特定商取引法に基づく表示
  ご注文方法
  お問い合せ

  HOME
   

よくあるQ&A

物語を語りたいと思っているあなたへ

 

「誰にだって、物語はつくれる。
自分の欲求に少しだけ注意を向けるゆとりをもてれば。」

人間の頭脳の二十五パーセントは、まわりに自分を合わせていくことに使われているといわれています。
人の注意は、そのほとんどの時間、外側に向けられて、いかに自分を合わせていくかを考えているのです。
その間は、自分が何を思っているかなど気が付く余裕などありません。
だから、語るべき物語がないのです。自分のなかに物語の種(シード)がないのではなくて、あっても、そこに注意を向けるゆとりがないだけなのです。

クリエイティビティというと、広告のアイディアとか、芸術とかばかりが連想されがちですが、要は、自分ならではの語り口を持つことだと思うのです。
 

幸せを感じたいと思っているあなたへ

 

人はいつ、どういうときに「幸せ」を感じるのでしょう。
何かを達成したとか、特別にうれしい体験をしたわけでもないのに、「ああ、幸せだ」と感じることはありませんか。
そのときはそう感じていても、すぐに忘れてしまうくらいどうでもいいことなのですが、その感触を自覚してみたいという人は多いはずです。

日曜日の朝、うぐいすの鳴く声がした。
ふかふかの布団。
芝生で日向ぼっこ。

その気になって見わたせば、そこら中にいろんな幸せが転がっています。
でも、どんな幸せな場面に出会っても、レセプター、つまり受容器がないと受け取れません。

では、何によってレセプターを開いていくのでしょう。

大事なのは豊かな人間関係、自然環境のなかで、自分の聞く能力、受け入れる能力を高めていくことです。
外部とのコミュニケーションの回路が開かれるにつれ、自然と感受性のレベルも上がってきます。

肩の力を抜いてリラックスすれば、レセプターはどんどん開かれていって、どんなささいなことにも幸せを感じることができるでしょう。
 

輝きたいと思っているあなたへ

 

単純で、ふつうで、あまり人に刺激を与えないものがいいのでないか、ということが分かってきて自信がわいてきた気がするのです。
奇抜なものをつくろう、人をあっと驚かせることをやろう。というような力みがかえってマイナスになるように思います。
なぜなら、人の好みは、結局は、中庸に集約されてゆくものですから。

ふつうにするには勇気がいります。
ふつうだと最初のインパクトはないかもしれません。
でも、奇抜なもの、特殊なものに対する評価は長続きしません。

こぼれ落ちていく砂の中で、ぴったりとひっついて最後に残るもの。
それが、最もふつうで、いいものなのです。

ふつうだけど、内面的な価値や輝きをもった一粒なのです。
 

元気に一週間をすごしたいあなたへ

 

悪戦苦闘だった一週間もあれば、スムーズに運んだ一週間もあります。それでも、ともかく一週間が無事に終わったという気持ちでたっぷり眠れば、休みの日の朝はすっきりと心地よく目が覚め、気持ち良く朝食が食べられるというものです。

この充実した休みの日の朝食時間のことを、最近はやりの言葉で表現すると「リセットボタンを押す」というようです。ちょっとしたミスやトラブルが起きたら、このリセットボタンを使ってふたたびスタートに戻るように習慣付けるのです。

「リセット、リセット」と心の中で繰り返して朝食を摂れば、さわやかに、前向けに次の一週間がすごせることでしょう。

 

 

歴史の浪漫に浸りたいあなたへ

 

2003年に開催した作品展「空想美術館」からの一枚。

日本工業倶楽部は大正6年丸の内に建設された地上5階、鉄筋コンクリート造の堅牢と優美さを誇った会館。昭和初期の大恐慌、敗戦後の経済成長など歴史の変遷を通じて常に経済界のドラマの舞台、財界の記念碑的な存在でした。 

一匹の猫がたたずむこの古風な建物に秘められた意外な史実から、当時の世相の物語を思い描くことができる人は、心豊かな浪漫の世界に浸れることでしょう。

 

 

 

恋の病にかかりたい人へ

 

生態系のつながりがなければ、人はだれも生きていけません。あなたのそばにいる人を大切にしてあげましょう。充実した日々は、家族や、恋人への深い愛情、信頼と強い相関関係があります。

『つながりのなかに、生きることはある』
アルピニスト 戸高雅史

 

 

「何か」夢をもって、頑張ろうというあなたへ

 

これだけは決して人に引けをとれない、譲れない「何か」を持ちたいという願望は大事です。それは、とりもなおさずあなた自身の夢を持つということです。

「このために生き続けたい」と思える程熱い気持ちを持ち続けてひとつのことに没頭していると、それがみずからを癒す大きなエネルギーになります。

くじけそうになったら、みずからの心を鼓舞するようにこの絵を眺めてください。すると、気分が高まってきて、「さあ、きょうもがんばるぞ」と熱い気持ちがまたわいてきます。

 

頑張り過ぎのあなたへ

 

時には立ち止まって、のんびりと公園の木立の間を散歩してみてはどうですか。
思いがけない光景に出会えるかも知れません。
ささやかな感動があなたの肩の力を抜いてくれるでしょう。

コンピューター・グラフィックにたずさわっていて、一番難しいのは自然な感触を表すことです。どうしてもデジタル画像は、白黒のはっきりした輪郭が前面に出てきてしまうようです。この絵のような、透き通った空気、ほんのりとやさしい陽射しの光景を描くのは難しいものです。

それでも、絵画は作る人と見る人が作品という創作の世界をはさんで会話をするものですから、できる限りその場の空気が感じられるようなものにしたいと心がけています。

『人生でいちばん大切なのは、自分にとって心地よさを感じること』
チェリスト ヨー・ヨー・マ

 
 
 

Copyright (C) 2005 by COOL ART studio All Rights Reserved.